セキュリティの重要性とは

セキュリティの重要性。

セキュリティの重要性とは 近年、クライアントサーバ方式の運用が減りつつあります。これは、クラウド化が進み、物理的にサーバを持ち、管理する必要性が少なくなってきたためです。サーバをクラウド化し、Web上で操作できるようになれば、わざわざサーバ機を自前で管理する必要はないので、サーバ管理、運用、保守の人員を確保する必要はなくなります。代わりに、Web経由でデータを確保しておくことになるため、セキュリティ面の実装をしっかり行う、ということが課題として挙げられます。

クライアントサーバ方式の減少により、ネットワークエンジニア、インフラエンジニアの需要はますます減少しています。中でも、インフラエンジニアは比較的軽作業的な要素の仕事を任されることが多く、このままクラウド化が進み、OSの管理も手がかからなくなってしまえば、食いっぱぐれてしまうのではないか、ということも感じています。逆に、クラウド化が進む、ということは、論理的にサーバを確保する、ということになりますから、そちらの方面の技術を身に付けることができれば、良い仕事に就けるかもしれません。

私は今、転職活動中ですが、最終的に食いっぱぐれなくて済む職種は、電気、水道、ガスなどのインフラ業務程度しかないのではないか、と見込んでいます。

おすすめ

Copyright (C)2022セキュリティの重要性とは.All rights reserved.